投稿日:

ステロイド

アトピーの治療を行う場合、ステロイドを用いることがあります。ステロイドは、皮膚炎の炎症を抑える働きがあり、これを使うことによって炎症やかゆみを穏やかにすることができます。しかしながら、アトピーそのものを治療することは難しく、炎症やかゆみを抑えるだけに留まります。

アトピーには、その強さによって5つの種類があります。これは、症状に合わせて選ぶことになります。穏やかな効き目の「酢酸ヒドロコルチゾン」と「プレドニゾロン」。中等度である「プロピオン酸アルクロメタゾン」や「トリアムシノロンアセトニド」、「酪酸ヒドロコルチゾン」など。ストロングと呼ばれる「フルオシノロンアセトニド」や「プロピオン酸デキサメサゾン」など。とても強い効き目の「酪酸プロピオン酸ベタメタゾン」や「ジプロピオン酸ベタメタゾン」。そして、一番強い効き目がある「酢酸ジフロラゾン」、「プロピオン酸クロベタゾール」です。

気になる副作用についてですが、長い間ステロイドを使っていると止めた時に以前よりも痒みや炎症が強くなることもあります。他にも、皮膚が薄くなったり毛嚢炎が起こることもありますし、産毛が濃くなったり皮膚が赤くなる場合もあります。